Printer-friendly version
 
写真全般の用語集
 


Browse the glossary using this index

Special | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O
P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z | ALL

Page: (Previous)   1  ...  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  (Next)
  ALL

:
実際に合わせたピント位置の前後でピントが合ったように見える範囲を深度で表したもの。同じレンズでも選択する絞り値によって被写界深度は異なる。広角レンズは深く、 望遠レンズは浅いという特徴もある。

:
ファインダーの視度を調節する機能。撮影者の視力に合わせ、ファインダーの見え具合を調節できる。標準装備の視度調節で間に合わない場合は、別売りの視度補正レンズをファインダーに装着する。同機能を適切に使えば、眼鏡使用者でも裸眼で撮影が行なえる。
:
実際に写る像に対し、ファイン ダーで確認できる像の割合のこと。初級中級向けのデジタル一眼レフカメラの場合、光学 式ファインダーは視野率95パーセント程度が一般的。視野率100パーセントはプロ向けハイエンド機の特権となる。なお、液晶モニタ−を用いるライブビュー機の多くは、視野率100パーセントとなる。
:
液晶モニターの正常に見える範囲のこと。液晶モニターは 正面から見た場合は正常に色合いを表示できるが、斜めから見ると、色被せたり色が反転してしまう。この正常に見える範囲を視野角という値で示している。現在のデジタル一眼レフカメラは広い視野角の液晶モニターを搭載し、斜めから見ても発色よく写真を表示できる。

:
レンズの絞りを完全に開けた状態のこと。そのレンズの最大光量を取り込んで撮影できる。解放撮影は大きなボケ味を楽しめる反面、被写界深度(ピントの合って見える範囲)が浅く、ピント合わせはきわめてシビア。解放F値の小さいレンズを明るいレンズ、解放F値が大きいレンズを暗いレンズと呼ぶ
Keyword(s):

Page: (Previous)   1  ...  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  (Next)
  ALL